ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2019年02月07日

なぜ...『にわとり』




昨日書いた…『にわとり』の語源についてにわとり

むかしむかし…家畜としての鶏にわとり

家鶏を『にわとり』と呼ぶようになりましたにわとり


この語源は二説あります。

一つは「庭つ鳥」あるいは「庭つ鳥鶏」から「にわとり」にわとり

もうひとつは「鶏(にわとり)」にわとり

これは当時の地鶏の多くが赤色であったためでしょう。


「丹」は赤色という意味です。

つまり赤い羽根をもった鶏ということですねにわとり

そこから「にわとり」と呼ばれるようになったということですにわとり


辞書によると【鶏】は…

※語句のリンク先は大辞林(国語辞書)になります。

類語:
鶏(とり)〈の卵〉 鶏(かけ)〈の鳴く声〉 長鳴き鳥 木綿(ゆう)付け鳥 家鶏(かけい) 牡鶏(おんどり) 牝鶏(めんどり) 親鶏(おやどり) ひよこ 雛(ひな)〈が孵る〉 
  

Posted by 侍ジョニー at 08:09Comments(0)ジョニーのお勉強

2018年12月09日

寒い時はまず心から温める




寒くなってきましたねぇ雪


冬は「」の機能と関わりの深い季節ですスマイル

中医学でいう「腎」は、私たちが知っている「腎臓」という意味ではなく、

生殖、免疫、 造血などの機能を併せ持つ生命力ですロケット


「腎」はすべての内臓の機能や新陳代謝が活発になるよう、

身体に点火する「種火」の働きをしています炎

慢性疾患を持つ人や高齢者は「腎」が衰え、

陽気が不足して「冷え」を強く感じるようになります大泣き

冬は身体を養うのに一番良い季節だと言われます。


冬に「腎」をしっかり補い、春に向かっての体力を補充しておきましよう力こぶ

特に冬は、土の中の根菜類を食べると良いそうですよスマイル
  

Posted by 侍ジョニー at 09:05Comments(0)ジョニーのお勉強

2018年10月02日

海中のオオハマグリの泡が作り出す幻




「蜃(しん)」という名前の龍がいますへび

日本では「みずち」と読みますりゅう


この蜃という龍は、亀の甲羅にヘビのような頭を持っていて

砂漠や海に住んでいるそうですりゅう


時折、霧のようなものを吐いて、遥か遠くの景色を、

幻として大空に映し出すことができますりゅう


この「蜃」の幻を「蜃気楼」という。

昔の人は、科学的な知識がない代わりに

面白く自然現象を表現していたのかもしれませんねりゅう
  

Posted by 侍ジョニー at 09:04Comments(0)ジョニーのお勉強

2018年05月24日

ひとつだけしか悪いところが無い。





ニンニクの臭いを中国では「百利一害」とも呼びますキョロキョロ

臭いだけがただ一つの害と言うことですオドロキ


ニンニクの臭いのもとは、アリシンという硫黄化合物だと言われていますスマイル

切ったりすりおろしたりすることで細胞膜が壊れ、アリシンが生まれるそうですオドロキ


臭いだけが「一害」と言われますが、

アリシンは刺激が強い物質で、食べ過ぎるとお腹を壊すこともあるようです赤面


効くからと言っても食べ過ぎには注意ですハート




  

Posted by 侍ジョニー at 09:09Comments(0)ジョニーのお勉強

2018年01月02日

バンザイと憲法





新年のお祝いの気持ちを込めて、バンザイ。。万歳

この万歳の動作と掛け声は

1889年(明治22年)の第日本帝国憲法発布が発布されたのを


キッカケとして始まったそうですオドロキ


発布された2月11日に現在の東京大学が働きかけて、

明治天皇に万歳を祝意の意味をこめて……バンザイを連呼万歳

長寿の意味をこめて……万歳に万歳


いまでは……選挙の時か

懇親会の中締めに使うくらいかな。。スマイル




  

Posted by 侍ジョニー at 09:06Comments(0)ジョニーのお勉強