ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2019年10月15日

萩の花にまつわる俳句を調べてみると......




萩の花もそろそろ終わり赤面

萩の花にまつわる俳句を調べてみると......


高浜虚子が次のような句を詠んでいますお花


見る人に 少しそよぎて 萩の花


加古川ゴルフ倶楽部の萩お花


この中の....そよぎて

そよぐと言うのは戦ぐと書きますオドロキ

そよぐが......戦うと同じ文字炎

戦ぐを調べてみると....

風に吹かれて草や木の葉がかすかに音をたてて揺れ動くこと。。。。


う~~~んガーン

戦いに戦ぐが結びつかないガーン
  

Posted by 侍ジョニー at 08:03Comments(0)日本の四季

2019年10月14日

菊の花を愛でながら…。




春の桜に対して、秋の菊は、長寿・無病息災を願う縁起の良い花とされる菊。

天皇家の家紋にも使われ、日本文化を象徴する花として尊ばれています。


旧暦の9月9日の重陽(ちょうよう)の節句は、

菊の花を飾り、菊の花びらを浮かべた酒を交わして邪気を払い、お祝いします国旗:日本

今年の重陽の節句、旧暦の9月9日は... 10月7日です国旗:日本


高貴なる菊の花を愛でながら、

この1年を無事に過ごせたことに感謝し、スマイル

これからの健康と幸福を心より願います国旗:日本


10月14日〜18日。

二十四節気では、寒露

七十二候では、五十候・菊花開(きくはなひらく)です。
  

Posted by 侍ジョニー at 08:04Comments(0)日本の四季

2019年10月11日

雨が降りやすいこの時期に...秋霖





春雨が何かしら華やいだものがあるのに対して、


秋雨は、どこかしら淋しげな語感があります。


秋雨は秋霖(しゅうりん)とも、霧雨(きりさめ)とも呼ばれ、


また秋時雨(しぐれ)とも呼ばれます。


ひっそりともの悲しく降る感じ...そんな感じで降りますね雨
  

Posted by 侍ジョニー at 08:03Comments(0)日本の四季

2019年10月09日

飛び鳥の行く先を想い描きながら……





「・・・雁などの連ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし・・・」(枕草子)

高校時代の古典に出てきましたねガーン


V字型の雁のシルエットが

秋空に浮かびゆく風景は、

なんとなく心にしみる風情を感じますねもみじ


渡り鳥のの飛ゆく行く先を想いながら...

晩秋の空をぼんやりと眺めていますスマイル


10月8日〜10月12日

二十四節気の寒露の初候で..

七十二候 では、四十九候目の鴻雁来(こうがんきたる)です拍手


鴻雁来(こうがんきたる)。

北帰行していた雁が、

日本で越冬するために戻ってくる頃。
  

Posted by 侍ジョニー at 08:09Comments(0)日本の四季

2019年10月08日

野草に宿る冷たい露




10月8日から二十四節気では...寒露の季節に入ってます雪


寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと雪

 
本格的な秋の始まりですもみじ


この頃になると稲などの収穫もたけなわで、

農家では繁忙を極めるころです日の出


夜露が冷たい空気と接し、

もう少しすると、霧が発生する頃になります。


紅葉も濃くなりもみじ

燕などの夏鳥と雁などの冬鳥が交代する時期でもあります天使
  

Posted by 侍ジョニー at 08:06Comments(0)日本の四季