ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2017年03月24日

見頃なこの花を捧げる




アッツ桜は、ユリ科の球根植物で

ひとつの球根から伸びた茎の先に、一輪の美しい花を咲かせますお花


いまから72年前5月、

アッツ島(アリューシャン列島)を守っていた日本軍2650名が、

約1ヶ月間にわたる激しい戦いの末、全員お亡くなりになりましたなき


その報に接したとき、ある園芸店の店主が、

アッツ島日本軍の方々の死を悼んで、

この花に「アッツ桜」と名付けられたそうですお花

国を想い北の果てで散って行かれた島の守備隊の面々に、

この花を捧げたかったのでしょうねお花

(日本愛よりシェア)



日本がこれからも平和でありますようにクローバー


アッツ桜は、これから5月くらいまでが見頃ですお花





  

Posted by 侍ジョニー at 10:06Comments(0)日本の色

2016年12月22日

一陽来復と呼ばれる冬至


冬至の日の出は伊勢神宮の内宮・宇治橋の正面から上ります日の出


冬至(今年は12月21日)は・・・・・・

一陽来復(いちようらいふく)とも言われ、

陰(太陽が沈んでいる時間が長い)が極まって再び陽が帰ってくる日で、

この日を境にして運が向いてくると考えられました。


古代の人々は、冬至の日を太陽が新しく生まれ変わり日の出

再び新しい年が始まる日と考えていましたスマイル


伊勢神宮などで行われている新嘗祭も

当初はこの冬至のころに行っていたようです日の出


  

Posted by 侍ジョニー at 10:10Comments(0)日本の色

2016年11月25日

風葉




落ち葉の舞い散る停車場わ~~~音符音符

では無いですけど...赤面

落ち葉が舞い落ちる風景は

いかにも侘びしいものですもみじ


昔の方達は...

風に舞う木の葉を「風葉」と呼んだそうですもみじ

はらはらと風に舞い散っていく木々の葉

自分に置き換えていたのかも....赤面



  

Posted by 侍ジョニー at 10:20Comments(0)日本の色

2016年10月15日

菊の花...




菊の花は、葬送の花であったり、

墓前に捧げる花というイメージがありますねキョロキョロ

これは西洋の習慣が、日本に入ってきたためだとか.....

西洋において、菊は墓参の花だそうです花まる


この習慣の影響から、

病気見舞いに菊の花を贈ることは、日本でもタブーになりましたキョロキョロ


サクラが日本の春を代表する花であるのに対し、

もともと菊は日本の秋を象徴する花です花まる

菊花紋や菊酒、菊人形などなどに見られるように...

決して葬送の花ではなかったのですよスマイル



  

Posted by 侍ジョニー at 10:15Comments(0)日本の色

2016年04月18日

若緑・・・春の季語




松の芯に新しい緑の葉が出てきたところが生き生きとしているので、

若緑」 という「春の季語」になっています双葉


若緑」って松だけを指すんですね

春には沢山の木々の芽吹きの新緑があるのに、

なぜ松をその代表としたのでしょうか?

松の新芽が勢いよく真っ直ぐ立っていることに、

木の勢いを感じたのでしょうかねぇ~~クローバー

      
「若緑」は、「松の芯」・「松の緑」・「初緑」・「緑立つ」 などとも言いますよスマイル   

Posted by 侍ジョニー at 10:15Comments(0)日本の色