ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2019年08月15日

お盆の送り火...御先祖様に思いをはせて...




送り火ピカピカ

一番有名なのが、大文字焼きなどの五山の送り火ピカピカ


お盆の最終日(8月15日か16日)に行われる慣習、行事の一つクローバー

または、お盆に帰ってきた御先祖の魂を

天国・極楽へと送り出すために焚かれる火を表しますクローバー



自宅でのやり方クローバー

お盆の最終日(8月15日か16日)の夕方、

自宅の門先にオガラを積み重ねて火を焚きます(写真のように)ピカピカ


このあたりでは、15日に送り火を行うところが多いですピカピカ

また、川へ送る風習もあり

精霊流し・灯籠流し等が行われますピカピカ


ご注意下さい!

加古川では流せません!

  

Posted by 侍ジョニー at 08:09Comments(0)日本の色

2019年08月10日

秋立つとはいえ…




この時期...

秋立つとはいえ」と言うような表現で、

まだまだ暑い夏を表現をされる方もありますねカットスイカ

(秋立つとは..暦の上で、秋の季節に入ること)


秋を三つに分けた三秋もよく使われますカットスイカ

立秋のころは初秋ですので...

「初秋の候」として9月上旬まで使うことが出来ますカットスイカ


まだまだ暑いですがカキ氷

季節の挨拶は....「残暑の候

朝晩は少し涼しくなってきた今日この頃

暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が...」など

夏の終わりや秋をイメージする言葉にかわりますハート
  

Posted by 侍ジョニー at 08:09Comments(0)日本の色

2019年07月17日

蓮は泥より出でて 泥に染まらず




蓮は泥より出でて 泥に染まらず 拍手

ハスは汚い泥の中から生まれ、

泥の栄養で育ちますが、

大きく広がる葉は汚水を弾き、

凛とした花弁は清らかで美しいものですハート


どろどろとしたこの俗世に生を受けながらも、

魂は決して穢れることなくスマイル

澄んだ境地をめざして生きる事がスマイル

いかに大切かスマイル

それを説いているのでしょうねスマイル


泥から咲く美しい蓮を眺めていると、そんなことを思いますハート
  

Posted by 侍ジョニー at 08:08Comments(0)日本の色

2019年05月23日

ニラ.....




マリーゴールドの中からニラの花が....

でもニラではないそうですキョロキョロ

ニラに似てるので最近までニラだと思っておりました赤面

これは、ノビル) と言う植物ですクローバー


この花は駆除しようと思っても...ピストル

しっかり抜いたつもりでも すぐに出てくる力こぶ 力こぶ  

毎年、かなわない植物ですクローバー


  

Posted by 侍ジョニー at 08:08Comments(0)日本の色

2019年05月15日

朝茶に別れるな





5月1日は八十八夜でしたコーヒー

話は変わりますが...

食後にお茶を飲むと、ホッとしますコーヒー


朝お茶を飲むと縁起が良さそうな気分になることわざですハート

朝茶に別れるな

朝に飲むお茶は、今日一日の災いから守ってくれるものと言われていますスマイル

「朝一杯のお茶を忘れることなく飲みなさい」という意味です

飲み忘れると縁起が悪いとも言われていますオドロキ


朝茶は福が増す」と言うことわざもありますハート

  

Posted by 侍ジョニー at 07:08Comments(0)日本の色