ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2019年10月02日

海中のオオハマグリの泡が作り出す幻




「蜃(しん)」という名前の龍がいますへび

日本では「みずち」と読みますりゅう


このという龍は、亀の甲羅にヘビのような頭を持っていて

砂漠や海に住んでいるそうですりゅう


時折、霧のようなものを吐いて、遥か遠くの景色を、

幻として大空に映し出すことができますりゅう


この「蜃」の幻を「蜃気楼」という。

昔の人は、科学的な知識がない代わりに

面白く自然現象を表現していたのかもしれませんねりゅう
  

Posted by 侍ジョニー at 08:08Comments(0)ジョニーの発見

2019年07月29日

未確認飛行物体

ハート



左下の電柱から右へ→

2つ目の山の上

未確認飛行物体ですロケット

ハート

次の写真には・・・写らないくらいの早さで

飛んでいってしまいましたオドロキ

きっと・・・・・エイトマンですハート

だっ・・・・・・と思いますハート
  

Posted by 侍ジョニー at 08:09Comments(0)ジョニーの発見

2019年02月23日

飛梅伝説に隠れてしまった飛松伝説...板宿




梅のシーズンですねハート

菅原道真公由来の北野天満宮クローバー

その北野天満宮の飛梅伝説をご存じの方もあろうかと思いますが...


残念な松の話はあまり知られておりませんねキョロキョロ

伝説では....

道真を慕う庭の木の中で、

桜は、主人が太宰府へ流されたことを知ってから、

見る見るうちに葉を落とし、ついには枯れてしまったとされていますサクラ

梅と松は京都から飛び立ちましたロケット


ところが残念なことに松は途中で力尽きて、

摂津国八部郡板宿(神戸市須磨区板宿町)近くの後世「飛松岡」に根を下ろした(これを飛松伝説)クローバー

一方、梅だけは

見事その日 一夜のうちに 主人の暮らす大宰府まで飛んで行きロケット

その地に降り立ったとされています(飛梅伝説)お花
  

Posted by 侍ジョニー at 08:07Comments(0)ジョニーの発見

2018年12月16日

JAPANとウルシ




漆器は、英語でjapanと標記されますクローバー

陶器がchinaと呼ばれるように、

欧米では漆器をもって、

日本を代表する品物に考えていたんでしょうねスマイル


日本の生活スタイル
から、

軽く持ち易く、

熱いものを入れても持てるものとして

生み出された漆器は、

japanと呼ばれるにふさわしい国旗:日本


そんな漆器のルーツが

和歌山にある根来塗 です
国旗:日本
  

Posted by 侍ジョニー at 09:07Comments(0)ジョニーの発見

2018年11月20日

正しいこと。真実かどうか。




本当のことを知るためには、

正しく考えることが必要ですねスマイル


正しいということは

自分一人に正しいのではなく、

誰にとっても正しいことだと思いたいですねスマイル

  

Posted by 侍ジョニー at 09:06Comments(0)ジョニーの発見