ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2021年11月25日

風葉...未来に向かって、風は吹いている




落ち葉の舞い散る停車場は~~~音符音符

では無いですけど...赤面

落ち葉が舞い落ちる風景は

いかにも侘びしいものですもみじ


昔の方達は...

風に舞う木の葉を「風葉」と呼んだそうですもみじ

はらはらと風に舞い散っていく木々の葉...

それでも未来へ、風は吹いていますクローバー


  

Posted by 侍ジョニー at 07:06Comments(0)日本の自然

2021年11月23日

「感謝は返謝してこそ完成する」




勤労感謝の日の「感謝」と言う言葉ですが、

「感謝は返謝してこそ完成する」
と教えていただきましたスマイル


それは、人から何かしていただいて、

ありがたいと思うだけではなくて、

その気持ちを今度は人に返していくことによって、

自分の感謝の心が生きてきますスマイル


「ありがとう」と言って、いつも人からもらってばかりではだめです。

感謝し、本当にありがたいと思ったらその感謝の気持ちを、

何らかの形で社会に還元することが大切ですスマイル


同じ人に返さなくても、

世間に必ず返すということですニコニコ


そして、先方から「ありがとう」という言葉が返ってこないと

本当の感謝にならないと思っています


感謝をもらいっぱなしの人生はあまりにむなしいですよねスマイル


感謝は返謝してこそ完成する

感謝と返謝多き人生でありたいですねハート
  

Posted by 侍ジョニー at 07:20Comments(0)ジョニーのつぶやき

2021年11月22日

二十四節気では....「小雪」の侯です。




北国から雪の便りが届く頃ですが、

まだ本格的な冬の訪れではありません。

雪といってもさほど多くないことから、小雪といわれたのだそうです雪


11月23日頃(2121年は11月22日)~大雪までの期間。

立冬から数えて15日目ごろ雪


陽射しが弱くなり紅葉が散り始めるころで、

いちょうや柑橘類は黄色く色づいてきますみかん

次第に冷え込みが厳しくなってきますので、

冬の備えは整えておきましょう。

※「こゆき」ではなく「しょうせつ」と読みます。お間違いなくスマイル



  

Posted by 侍ジョニー at 07:07Comments(0)日本の四季

2021年11月19日

歴史秘話ヒストリアを見ていて.......





雨の水滴をいくら集めても虹にはならないように、


歴史上の事実や事件をたくさん集めても、


歴史にはならないと思っていますスマイル



事実や事件を適切な角度と距離をとって


眺め、学ぶこと...スマイル


未来に進むためにも歴史を知ることが大切ですね!


未来を考えるにも教材は過去にしかありません.....スマイル   

Posted by 侍ジョニー at 07:07Comments(0)ジョニーのつぶやき

2021年11月17日

銀の台に乗った金の盃と表現される花




11月17日~日本の季節・七十二候では、

立冬の末候で金盞香(きんせんかさく)ですスマイル

水仙(すいせん)の花が咲き始めると言う意味ですクローバー


よく耳にする金盞花(きんせんか)は、

ヨーロッパが産地のマリーゴールドです。

この金盞はきんせんか=マリーゴールドの事では無いとの説がありますキョロキョロ


金盞は黄金の盃のことで、水仙のことスマイル

香で、咲くの意味。


水仙には“金盞銀台(きんせんぎんだい)”という別名があり、

花を黄色の部分を金の盃

白の部分を銀の台に見立てているのです


雪中花とも呼ばれて、冬の花なんですスマイル
  

Posted by 侍ジョニー at 07:06Comments(0)日本の自然