ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2021年11月04日

また一ヶ月後に....。




弊社の社員の実話ですスマイル


また1カ月後に


きょうは1日。月に一度、 S様ご夫妻がお見えになる日です。

小学生だったお子様を亡くされ、 失意の中、

お仏壇を購入するために 来店されたのが始まりでした。

あれから20年、市外へ越されてからも、

必ずご家族そろってお線香を買いに来られます。

お手に取られるのはいつも、 甘くさわやかな香りの白檀。

「毎日お線香をたてて、 手を合わせることくらいしか してやれないので…」と、

寄り添い帰っていかれるお背中に、

販売担当のHは、「また1カ月後に」と 心の中で声をかけるのでした。

1日、それはお子様の月命日です。
  

Posted by 侍ジョニー at 07:07Comments(0)広告

2020年11月02日

つながる いのち---子供に伝えたい ありがとうの詩




子供に伝えたい ありがとうの詩 Vol.5
A poem for thanksハート


スマイル 組合の仲間で作った広告ですスマイル


つながる いのち


小さな道の かたすみで

たんぽぽの わたげがゆれていたよ

ふぅーっと いきをふきかけたらクローバー


わたげのかさをもった

たねたちが ひとりひとり

ふわりふわり とんでいったよクローバー


どこへ ゆくのかな

どこまで ゆけるのかなクローバー

そこで また ひとつひとつ

新しい いのちが

はじまるんだね双葉
  

Posted by 侍ジョニー at 18:04Comments(0)広告

2020年11月01日

また一ヶ月後に....。




弊社の社員の実話ですスマイル


また1カ月後に


きょうは1日。月に一度、 S様ご夫妻がお見えになる日です。

小学生だったお子様を亡くされ、 失意の中、

お仏壇を購入するために 来店されたのが始まりでした。

あれから20年、市外へ越されてからも、

必ずご家族そろってお線香を買いに来られます。

お手に取られるのはいつも、 甘くさわやかな香りの白檀。

「毎日お線香をたてて、 手を合わせることくらいしか してやれないので…」と、

寄り添い帰っていかれるお背中に、

販売担当のEは、「また1カ月後に」と 心の中で声をかけるのでした。

1日、それはお子様の月命日です。
  

Posted by 侍ジョニー at 16:34Comments(0)広告

2018年01月28日

家族水入らずの時




仏壇の前で 家族水入らずの時コーヒーケーキ

お客様と弊社社員の実話です...スマイル


古くからのお屋敷が立ち並ぶ一角に、

まっ白な洋風の家があります家N様のお宅です家

仕事一筋に定年を迎え、これから夫婦の時間を、

というときに奥様を亡くされましたクローバー

「この家に違和感なく溶け込む お仏壇はありますか?」。

相談を受けた営業担当のFは、

象嵌の入ったイタリア製の現代仏壇をお薦めしました植木鉢

自ら丹精込めて育てた美しい花や新鮮な野菜をたっぷりとお供えし、

「おはよう」と手を合わされるN様晴れ

リビングになじむお仏壇の前で、

毎朝、ご夫婦水入らずの時間を過ごされていますハート





  

Posted by 侍ジョニー at 09:09Comments(0)広告

2017年11月29日

ほこりの中から




実際にあったエピソードを広告として掲載いたしました拍手



題名は。。。。。。。。。。『ほこりの中から



T寺様のご本堂には、


明治初期の作といわれる立派な阿弥陀如来像が安置されています王冠


しかし、建物の傷みがひどく注意


創建以来の大掛かりな修理を行うことに救急箱


お手伝いに参上した5人も、本堂の中央にある須弥壇をはずし鍵


その中の大人の腰ほどに積もったほこりをそうっと払っていきますピカピカ


すると、Hの手に触れたのは、仏さまの頭の部分でしたオドロキ


手や胴体もほこりの中から次々に見つかり、


合わせると一体の仏さまになりましたスマイル


「寺の開基は江戸中期。創建当時の ご本尊かもしれませんね」とお喜びニコニコ のご住職


ピカピカ元のお姿を残しつつ修復をほどこした仏さまはピカピカ


本堂で、現在のご本尊様に負けない威光を放っておられます星



こういう仕事が出来た後は、本当に気持ちの良いものですハート  

Posted by 侍ジョニー at 09:05Comments(0)広告