ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2021年11月17日

銀の台に乗った金の盃と表現される花

銀の台に乗った金の盃と表現される花


11月17日~日本の季節・七十二候では、

立冬の末候で金盞香(きんせんかさく)ですスマイル

水仙(すいせん)の花が咲き始めると言う意味ですクローバー


よく耳にする金盞花(きんせんか)は、

ヨーロッパが産地のマリーゴールドです。

この金盞はきんせんか=マリーゴールドの事では無いとの説がありますキョロキョロ


金盞は黄金の盃のことで、水仙のことスマイル

香で、咲くの意味。


水仙には“金盞銀台(きんせんぎんだい)”という別名があり、

花を黄色の部分を金の盃

白の部分を銀の台に見立てているのです


雪中花とも呼ばれて、冬の花なんですスマイル


同じカテゴリー(日本の自然)の記事画像
風葉...未来に向かって、風は吹いている
幽霊の正体は...
秋の夜の夢
終わった夏の思い出……。
秋の七草の由来とピンチ!!
虹は何故虫偏か....
同じカテゴリー(日本の自然)の記事
 風葉...未来に向かって、風は吹いている (2021-11-25 07:06)
 幽霊の正体は... (2021-10-25 07:07)
 秋の夜の夢 (2021-10-21 07:06)
 終わった夏の思い出……。 (2021-10-06 07:06)
 秋の七草の由来とピンチ!! (2021-09-29 07:05)
 虹は何故虫偏か.... (2021-09-15 07:06)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。