ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2021年03月17日

そこまで春が来ています...お彼岸




本日、17日から春のお彼岸です
お花


そこまで春が来ていますサクラ


緑は人の 心を潤し

和まし 癒しますクローバー


荒れはてた砂漠も

緑さえあれば........クローバー


緑が芽吹くと.....

暗く寒かった気持ちも

消えていきます 晴れ


もうそこまで........来ていますサクラ
  

Posted by 侍ジョニー at 07:08Comments(0)

2021年03月13日

お水取りが語りかけるもの


約1260年も続く、お水取りに思う....スマイル


「幸せ」という字は、

「辛い」という文字の上にある、ちょっぴりの点を「十」に変えると、

「幸せ」になりますクローバー


十分に「辛く」て、初めて「幸せ」になれるのでしょうクローバー

くじけないこと、長く続けることクローバー

二月堂の“お松明”は、そんなことを語りかけている気がしますクローバー


コロナ禍も松明で燃やしてしまって欲しいですねクローバー


一度も途絶えることなく、希望の炎を灯し続ける“お松明炎

お水取りで、一足早い春を感じましたかサクラ


  

Posted by 侍ジョニー at 07:05Comments(0)

2021年03月12日

お水取り・・・春を告げる




奈良市の東大寺二月堂で1日、 修二会 しゅにえ (お水取り)の本行が始まりました

堂に籠もる僧侶・練行衆の足元を照らす10本の「大松明(おおたいまつ) 」(長さ約6メートル、重さ約40キロ)の炎が、

夜空に浮かび上がります炎

14日まで毎晩ともされます炎


新型コロナウイルス感染防止のため、

拝観は人数制限をされています。

12〜14日は近くで参拝出来ませんが、

ライブ映像を奈良公園の大型ビジョンで見る事が出来ます。

ユーチューブの東大寺公式チャンネルでも配信されていますスマイル
  

Posted by 侍ジョニー at 07:07Comments(0)

2021年03月04日

昨日の桃の節句について…。




朔日の3月3日は 桃の節句もも

元々は「上巳(じょうし)の節句」といわれていましたピカピカ
 

上巳とは、3月上旬の巳の日という意味ですもも

上巳(じょうし)の日に、川で身を清め、

不浄を祓った後に宴を催す習慣がありましたもも


これが平安時代に大陸より日本に伝わり、

宮中の「人形遊び」と結びつき

自分の身代わりとして、「流し雛」を行うようになったいわれていますもも

ひな祭り自体は、宮中の子女から始まった「人形遊び」が起源ですもも


江戸時代に庶民へと伝わり、

次第に3月3日に、女の子のお祝いの儀式として

人形を飾るしきたりが定着していったとされていますもも

現在でも流し雛の風習が残っている地域がありますよもも




  

Posted by 侍ジョニー at 21:36Comments(0)

2021年02月10日

風呂吹き大根の由来


加古川の『味季料理りんどう』さんに作って頂きましたスマイル


伝えたい日本の心…

忘れてはいけない日本の食風習の一つごはん

風呂吹き大根


大根は、ビタミンCや消化を助けるジアスターゼを多く含んでいます。

兵庫県では、たつの市御津町の干拓地などが産地として知られていますピカピカ


風呂吹き大根の由来は、

漆職人が冬場、

漆の乾燥室である風呂と呼ぶ部屋に

湿気を吹き込むために

大量の湯を沸かしていました。

その湯がもったいないので一緒に大根をゆでた』などの説ありますクローバー
  

Posted by 侍ジョニー at 07:07Comments(0)