ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2018年01月15日

横田南嶺(鎌倉円覚寺管長)師の言葉





年頭に...


和するということは、強制し統一するのでなく、お互いを認め合うこと。

違いを認め合ってこそ和することができよう。

……我が国は四季豊かな、花咲き、鳥鳴く地である。

お互いに相和して、豊年の兆しとなることを願いたいクローバー

横田南嶺(鎌倉円覚寺管長)


今年もいい年になりますようにハート


  

Posted by 侍ジョニー at 09:03Comments(0)ジョニー感動する

2018年01月14日

小正月…小豆がゆ





皆さん! 


明日15日には…小豆がゆをたべてくださいねごはん


元旦の正月に対して、1月15日を「小正月」と言いますピカピカ


関西地方ではこの日までが松の内とされていますクローバー


この日に小豆粥を食べると、


1年の邪気をはらい、万病を防ぐと伝えられていますごはん


また、地方によっては「女正月」とも呼ばれ、


暮れから正月にかけて忙しく立ち働いた女性たちの


骨休めの日となっていますスマイル

  

Posted by 侍ジョニー at 09:03Comments(0)日本の四季

2018年01月13日

鍛錬とは。。。。。





宮本武蔵の言葉に...

千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とする」のがありますクローバー


鍛錬」の「」には、金属を熱し、打って強くするという意味があり、

錬」には硬いものを柔らかくし、粘り強くするという意味があります


柔らかくする方が難しく、

時間がかかり重要なんですね
ハート


  

Posted by 侍ジョニー at 09:03Comments(0)ジョニーのつぶやき

2018年01月12日

昔のことを考えながら…訓練





古くから伝えられた型の反復練習による学び方を「稽古」と言います

「稽古」の「」は考えるという意味であり、

」は昔の物事の事ですスマイル

「稽古」とは「昔の物事を考えながら学んでゆくこと」なんですねスマイル


  

Posted by 侍ジョニー at 09:05Comments(0)ジョニーのつぶやき

2018年01月11日

自然はゆっくりと春に向かって動いています。




10日から…七十二候の中の

水泉動(しみずあたたかみをふくむ)クローバーです。


この候にいう水泉とは、湧きいでる泉のことです日の出

寒さの厳しい小寒の間ですが、

季節は動いていて、地中では凍った泉が融けて動き始めていますスマイル


あたり一面、冬枯れの凍った土にあって、

生命の躍動を感じさせるものが何もなくても、

その土の下では春が用意されているという...

自然の凄さ、面白みを感じますよねクローバー


自然は、大きく、深く、ほんの小さな、

しかし確かな兆しを示しながら、ゆっくりと動いているのですハート

  

Posted by 侍ジョニー at 09:04Comments(0)日本の四季