ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2017年09月16日

縁の力




縁というのは、ひとりでにできたり、

ひとりでに繋がってくるものではなく、

つくろうという意思がなければつくれませんスマイル


それから、つなごう・つなごうという気持ちを

いつも持ち続けていないと

繋げないものですねニコニコ










  

Posted by 侍ジョニー at 11:44Comments(0)ジョニーのつぶやき

2017年09月15日

おかげさま




何か悪いことが起こった時は

「身から出たサビ」ガーン


つまり自分のせいだと考え、

反対にいいことが起こった時は

「おかげさま」と思うようにしたいスマイル






  

Posted by 侍ジョニー at 10:13Comments(0)ジョニー感動する

2017年09月14日

閃く...イノベーション





昨日のイノベーション(AとBをくっつけてCを生み出す)の続き...

閃きというのも、

何かと何かの接着から

生まれてくるのではないでしょうかピカピカ


うまく接着が出来るかどうかは、

その人の持つ知識や興味、環境といったピカピカ

様々な要因によるところが

大きいと言えるでしょうねピカピカ

さらに、接着させるには、

AもBという知識・興味も必要になってきますスマイル


それも沢山 ないと駄目で、

いつでも取り出せる状況に

して おくことが大切ですピカピカ


  

Posted by 侍ジョニー at 10:04Comments(0)ジョニーのつぶやき

2017年09月13日

「AとBをくっつけてCを生み出していく





イノベーションっていう言葉がありますよねクローバー

この言葉に関して、

僕は日本人と欧米人との間には

若干のズレがありますねクローバー


日本人はイノベーションというと、

全く新しいことをイメージしがちですが...


「AとBをくっつけてCを生み出していく」

ことを欧米人はイノベーションと

呼んでいるように感じるんですロケット


  

Posted by 侍ジョニー at 10:15Comments(0)ジョニーの発見

2017年09月12日

稲刈りの時を知らせる合図かも知れませんね




鶺鴒(せきれい)は、

セグロセキレイ(固有種)、ハクセキレイ、キセキレイの3種があり、

ニワタタキ(庭叩き)、イワタタキ(岩叩き)、イシクナギ(石婚ぎ)、コイオシエドリ(恋教鳥)、

など多くの異名を持ちますにわとり


皆さんの近くでも よく見かけるでしょうにわとり

ボディは黒白のツートンカラーで、

長い尾を上下に振りながら歩き、昆虫を捕食しますにわとり


ちょこちょこと小走りで動く動作が特徴ですにわとり

白露のこの季節、この鶺鴒の可憐な声は

稲刈りの時を知らせる合図かも知れませんにわとり


町のあちこちで稲刈りがスタートしますクローバー

五穀豊穣・稲の豊作への祈りと感謝をこめてクローバー


9月12日〜17日 二十四節気:白露・次候

七十二候 :四十四候・鶺鴒鳴(せきれいなく)

セキレイが鳴き始める頃です。


  

Posted by 侍ジョニー at 10:06Comments(0)日本の四季