ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2017年06月17日

雨の日の飴




「雨」で足元の悪い中雨


わざわざお越しいただいたお客さまに感謝の意をお伝えしたい…スマイル


小さな「飴」の玉には、


そんな弊社従業員一同の思いが詰まっていますニコニコ


ささやかでも真心のこもったものをお渡ししたい、と思い至ったのは


地元の特産品を練り込んだご当地飴でしたキャンディ


龍野のしょうゆ飴をはじめ、


赤穂の塩飴  安富のゆず飴  

揖保川のもろみ飴  御津綾部山の梅飴
など、


地域の味を守り伝える一粒にならい、


ごくらくや佛檀店も日本の心の継承を大切に、


地域の皆さまにかわいがられる店でありたいと願っていますハート


  

2017年06月16日

梅はその日の難のがれ




梅子黄と書いて、うめのみきばむ、と読みますみかん

梅の実が黄ばんで熟す時候をいいますみかん

七十二候では、今日からの5日間をこう呼びますスマイル


梅雨(つゆ)は、まさに梅の実が熟れる時季の雨雨

....であって、きれいな言葉ですね雨


梅干しを漬けるには鈴

この黄ばんだ状態になった梅を漬けるのが一番ですアップ






  

Posted by 侍ジョニー at 10:09Comments(0)ジョニーのおすすめ

2017年06月15日

心の立て直し





いまの私たちにとって最も重要な問題は、


経済の立て直しよりも、


心の立て直しではないでしょうか。


たった一人の人の為に尽くせる心。


それを取り戻すことこそ急務だと思いますスマイル






  

Posted by 侍ジョニー at 10:02Comments(0)

2017年06月14日

晴耕雨読生活




雨降りの日雨

晴耕雨読」の四字熟語が頭に浮かびますスマイル


外には、あじさいが......花まる

悠々自適の生活とは、ほど遠い存在の私ですが、

アジサイの上に降る雨を

ぞんぶんに眺めていたいものだと思うのです。

本を読まずに...焼酎カクテル











  

Posted by 侍ジョニー at 10:10Comments(0)ジョニーのおすすめ

2017年06月13日

蛍 わびさび 





蛍の時期を迎えましたね星

古来より侘び寂びのたとえの一つとして、

蛍を取り上げた書き物などがありますクローバー


「夏は夜。月のころはさらなり。

やみもなほ、蛍の多く飛びちがひたる。

また、ただ一つ二つなど、

ほのかにうち光りて行くもをかし。

雨など降るもをかし。」

これは枕草子『春はあけぼの』に登場する有名な一節です。


夏は夜が趣深い。月が出ている夜はもちろんのこと、

闇夜もまた、蛍が多く飛び交っている様子も良い。

また、それらがただ一つ二つと、ほのかに光って飛んでいるのも良い。

夜に雨が降るのも趣があって良いと綴っています。


蛍が放つ淡い光は「蛍火」と呼ばれ、

夏の季語にもなっていますスマイル




  

Posted by 侍ジョニー at 10:06Comments(0)日本の四季