ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2019年02月07日

なぜ...『にわとり』




昨日書いた…『にわとり』の語源についてにわとり

むかしむかし…家畜としての鶏にわとり

家鶏を『にわとり』と呼ぶようになりましたにわとり


この語源は二説あります。

一つは「庭つ鳥」あるいは「庭つ鳥鶏」から「にわとり」にわとり

もうひとつは「鶏(にわとり)」にわとり

これは当時の地鶏の多くが赤色であったためでしょう。


「丹」は赤色という意味です。

つまり赤い羽根をもった鶏ということですねにわとり

そこから「にわとり」と呼ばれるようになったということですにわとり


辞書によると【鶏】は…

※語句のリンク先は大辞林(国語辞書)になります。

類語:
鶏(とり)〈の卵〉 鶏(かけ)〈の鳴く声〉 長鳴き鳥 木綿(ゆう)付け鳥 家鶏(かけい) 牡鶏(おんどり) 牝鶏(めんどり) 親鶏(おやどり) ひよこ 雛(ひな)〈が孵る〉 


同じカテゴリー(ジョニーのお勉強)の記事画像
寒い時はまず心から温める
海中のオオハマグリの泡が作り出す幻
ひとつだけしか悪いところが無い。
バンザイと憲法
猫毛雨(ねこんけあめ)
物がよく変化すること
同じカテゴリー(ジョニーのお勉強)の記事
 寒い時はまず心から温める (2018-12-09 09:05)
 海中のオオハマグリの泡が作り出す幻 (2018-10-02 09:04)
 ひとつだけしか悪いところが無い。 (2018-05-24 09:09)
 バンザイと憲法 (2018-01-02 09:06)
 猫毛雨(ねこんけあめ) (2017-11-05 10:03)
 物がよく変化すること (2017-10-01 09:03)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。