ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2018年12月28日

注連飾り(しめかざり)の意味




注連飾り国旗:日本

しめかざり...読みにくい文字です。


正月に家の軒下に取り付けるものを「注連飾り」と言います国旗:日本

これは注連縄(しめなわ)が変化したもので、

正月には一般家庭にも神様(年神様)が宿られるということから、

清浄な所として取り付けます日の出


注連縄(しめなわ)

稲のわらで編んで作った縄に、

「御幣(ごへい=紙製の幣束)」を付けたものを「注連縄(しめなわ)」といい、

神が宿る所は清浄であるということ表したり、

周囲の災いや汚れからの境界線を示すものですピカピカ


同じカテゴリー(日本の四季)の記事画像
冬の最後の節気です。大寒……
そろそろ国鳥の雉が...
明日の小正月の準備
鏡割り・・・開くが正解。(鏡開き)
自然はユックリと動いています。
『冬めく』って言い言葉ですね。
同じカテゴリー(日本の四季)の記事
 冬の最後の節気です。大寒…… (2019-01-20 08:08)
 そろそろ国鳥の雉が... (2019-01-16 09:03)
 明日の小正月の準備 (2019-01-14 07:07)
 鏡割り・・・開くが正解。(鏡開き) (2019-01-11 09:08)
 自然はユックリと動いています。 (2019-01-10 09:09)
 『冬めく』って言い言葉ですね。 (2019-01-08 09:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。