ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2018年09月05日

勝ち虫!! 良い名前です。


お客様が作って下さった勝ち虫。



トンボを勝ち虫とか勝つ虫と呼ぶのは、以前ブログにも紹介しました。

後ろに下がらないことから、そう呼ばれていますスマイル

そのトンボは蜻蛉と書きますスマイル

…と言っても、いきなりトンボと言われて「蜻蛉」と書ける人は少ないと思います。



また、蜻蛉と書いて「あきつ」とも読むことがありますスマイル


秋津または、蜻蛉の文字に、「洲」あるいは「島」を付けると「あきつしま」となり、

日本国の古い呼び名となりますスマイル


トンボの名前が国名になるほど、

沢山のトンボがいたんでしょうかねぇ
スマイル



日本の本州の古代の呼称は...


日本最古の歴史書『古事記』(712年)では「大倭豊秋津島」(おおやまととよあきつしま)、


また、同じく歴史書『日本書紀』(720年)では「大日本豊秋津洲」(おおやまととよあきつしま)と、


表記されています。(Wikipediaより)



同じカテゴリー(日本の四季)の記事画像
外交と魚と水
風呂吹き大根の由来
寒い中でも 庭は満開
建国をお祝いしましょう。
鶯も今年は遅いでしょうか??
どこかで春が〜。東風(こち)
同じカテゴリー(日本の四季)の記事
 外交と魚と水 (2019-02-14 08:08)
 風呂吹き大根の由来 (2019-02-13 08:08)
 寒い中でも 庭は満開 (2019-02-12 08:09)
 建国をお祝いしましょう。 (2019-02-11 08:11)
 鶯も今年は遅いでしょうか?? (2019-02-09 08:11)
 どこかで春が〜。東風(こち) (2019-02-08 07:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。