ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2018年07月02日

半夏生とは...




今日7月2日は暦の雑節で「半夏生」ですクローバー


梅雨の末期で、半夏(烏柄杓<カラスビシャク>)という毒草が

生える多湿で不順な頃とされていますクローバー


この日までに田植えを済ませ、

どんなに気候不順な年でも

この後は田植えをしないという習慣がありましたクローバー


地方によっては、ハンゲという妖怪が徘徊するという言い伝えがありオドロキ

この時期に農作業をしないようにという戒めになっているようですウトウト なき


半夏生は、この半夏という植物にちなんで名付けられたとされていますクローバー

半夏=烏柄杓(カラスビシャク)は毒草ですが、

漢方薬としても用いられていますきのこ



同じカテゴリー(日本の四季)の記事画像
外交と魚と水
風呂吹き大根の由来
寒い中でも 庭は満開
建国をお祝いしましょう。
鶯も今年は遅いでしょうか??
どこかで春が〜。東風(こち)
同じカテゴリー(日本の四季)の記事
 外交と魚と水 (2019-02-14 08:08)
 風呂吹き大根の由来 (2019-02-13 08:08)
 寒い中でも 庭は満開 (2019-02-12 08:09)
 建国をお祝いしましょう。 (2019-02-11 08:11)
 鶯も今年は遅いでしょうか?? (2019-02-09 08:11)
 どこかで春が〜。東風(こち) (2019-02-08 07:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。