ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2018年06月26日

茅の輪のひみつ




茅の輪くぐり....

この行事は神代の世界からの言い伝えです日の出


高天原から素戔嗚尊(スサノオ)が出雲国に降り立ったとき

泊まる宿がなく、裕福なコタン将来に宿を求めました

しかし、宿泊を拒まれてしまいました叫び

そこで、コタンの兄弟の蘇民将来にお願いすると

こころよく泊めてくれたそうですスマイル


スサノオは、高天原に戻るときに

蘇民将来一族に次に戻ってくるまでに

茅の輪を体につけておくように指示して高天原に戻っていきました日の出


次に戻ってきたときに

体に茅の輪をつけた蘇民将来一族は助け

持っていないコタン将来一族

疫病にかかったり、殺されたり...

北の方に追いやられてしまったそうですキョロキョロ


これは、日本の始まりの一部でもあります日の出

私の私見ですが...コタン将来のコタンというのは?

部族名であったり、村の名前だったりするのであれば?

アイヌ集落がコタンと呼ばれているのが気になっていますキョロキョロ



同じカテゴリー(日本の四季)の記事画像
自然が織り成す神秘性をじっくりと味わう季節
家相にも良いと父が庭に植えています。
冬が立ちました。
秋の節分か冬の節分か
猫毛雨(ねこんけあめ)って...
錦織り成す秋をゆっくりと彩っていきます
同じカテゴリー(日本の四季)の記事
 自然が織り成す神秘性をじっくりと味わう季節 (2018-11-12 09:09)
 家相にも良いと父が庭に植えています。 (2018-11-08 09:03)
 冬が立ちました。 (2018-11-07 09:08)
 秋の節分か冬の節分か (2018-11-06 09:06)
 猫毛雨(ねこんけあめ)って... (2018-11-04 09:06)
 錦織り成す秋をゆっくりと彩っていきます (2018-11-03 09:04)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。