ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2018年04月22日

日本国は、豊葦原瑞穂の国(とよあしはらみずほのくに)




クローバー葭始生(あしはじめてしょうず)の続きで...

葦が生え始めまる季節になりました双葉

とかとかとかとか...漢字が多く存在する植物クローバー 


この植物の昔からの利用方法などなど...双葉


日本では稲刈りの後に芦刈が行われ、

各地の風物詩となっていたようですクローバー


軽くて丈夫な棒としてさまざまに用いられ、

特に葦の茎で作ったすだれは葦簀(よしず)と呼ばれていますクローバー

また、屋根材としても最適で茅葺(かやぶき屋根)の葺き替えに現在でも使われていますクローバー


古事記の天地のはじめには 

最初の二柱の神が生まれる様子を

葦牙のごと萌えあがる物に因りて」と書き表しましたスマイル

葦牙とは、葦の芽のこと双葉

その二柱の神がつくった島々は、

豊葦原の千秋の長五百秋の水穂の国」で...日の出

これにより、日本の古名は豊葦原瑞穂の国と言います国旗:日本




同じカテゴリー(日本の四季)の記事画像
ご先祖様に思いを馳せる...五山の送り火
小さな秋の始まりです
朝顔の花が咲く
秋立つとはいえ
キラリと輝く光を探し、心に描いて、
風立ちぬ...立秋です。
同じカテゴリー(日本の四季)の記事
 ご先祖様に思いを馳せる...五山の送り火 (2018-08-15 09:10)
 小さな秋の始まりです (2018-08-13 09:09)
 朝顔の花が咲く (2018-08-10 09:07)
 秋立つとはいえ (2018-08-09 09:09)
 キラリと輝く光を探し、心に描いて、 (2018-08-08 09:06)
 風立ちぬ...立秋です。 (2018-08-07 09:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。