ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2018年04月16日

感動・・・稲むらの火




稲むらの火拍手


津波から人びとを救った稲むらの火~浜口梧陵伝

一人の老人が地震後、津波が襲ってくると予感し、

収穫した大切な稲むら(稲を干してある物)に火を放ち、

多くの村人を救った感動の物語です星





話の内容を一部分紹介します(詳しくは、上の稲むらの火をクリックしてください)↑

1854年(安政元年)12月23日、安政の東海地震(M8.4)が発生し、

その32時間後に襲った安政の南海地震(M8.4)のときの物語オドロキ

自分の作った大事な稲を燃やして、

たくさんの人々を津波から守った話です拍手

(稲むらは稲叢(いなむら)とも書き、刈り取った稲を積み上げたもの)


濱口梧陵は、1820年(文政3年)紀伊国有田郡広村に生れ、

66歳で亡くなったヤマサ醤油 7代濱口儀兵衛さんですスマイル




同じカテゴリー(ジョニー感動する)の記事画像
ピンチはチャンスだ! ありがとう
神々しい
お客さんを見てたら分かるやろ。
雪だるまの気持ち
横田南嶺(鎌倉円覚寺管長)師の言葉
新年に、安岡正篤先生の言葉
同じカテゴリー(ジョニー感動する)の記事
 ピンチはチャンスだ! ありがとう (2018-04-18 09:09)
 神々しい (2018-02-27 09:09)
 お客さんを見てたら分かるやろ。 (2018-02-22 09:09)
 雪だるまの気持ち (2018-01-26 09:07)
 横田南嶺(鎌倉円覚寺管長)師の言葉 (2018-01-15 09:03)
 新年に、安岡正篤先生の言葉 (2018-01-04 09:03)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。