ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2018年03月12日

お水取り・・・春を告げる




12日夜、奈良に春を告げる東大寺二月堂の「お水取り」が行われ、

篭松明(かごたいまつ)が古都の夜空を焦がしました花火



お水取り」は、東大寺の僧が自らの罪を懺悔(ざんげ)して

国家の平和を祈る伝統行事で、

奈良時代から約1260年にわたって一度も途絶えることなく続けられてます日の出


僧が二月堂へ上がる時の明かりとしてともされる篭松明は、

長さ8メートル、重さ約80キロもありますクローバー


12日午後7時半に舞台の欄干から突き出されると、

火の粉が風に舞い上がります花火



お水取りが終わると春が来るといわれていますオドロキ


現在は新暦の3月1日から14日まで行われていますがクローバー

かつては、旧暦2月1日から15日まで行われてきました花火


と、言うことは.....旧暦の2月15日は

3月31日になります日の出

その頃には暖かくなってますよね日の出




同じカテゴリー(日本の四季)の記事画像
ご先祖様に思いを馳せる...五山の送り火
小さな秋の始まりです
朝顔の花が咲く
秋立つとはいえ
キラリと輝く光を探し、心に描いて、
風立ちぬ...立秋です。
同じカテゴリー(日本の四季)の記事
 ご先祖様に思いを馳せる...五山の送り火 (2018-08-15 09:10)
 小さな秋の始まりです (2018-08-13 09:09)
 朝顔の花が咲く (2018-08-10 09:07)
 秋立つとはいえ (2018-08-09 09:09)
 キラリと輝く光を探し、心に描いて、 (2018-08-08 09:06)
 風立ちぬ...立秋です。 (2018-08-07 09:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。