ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2018年02月06日

どこかで春が〜。東風(こち)





七十二候の東風解凍はるかぜ こおりをとくと読みますスマイル


東風は別の読み方で....

ひがしかぜ、こち、こちかぜ、とうふう、とんぷう、あゆ、はるかぜ....

これらは、東から吹いてくる風の事ですピカピカ


春から夏にかけて吹く東寄りの風。

氷を解き、春を告げる風として、古来雅語として取り入れられておりましたスマイル


菅原道真(すがわらのみちざね)は延喜3年(903年)、現在の太宰府天満宮の地で薨去し同地に葬られました。

道真が京の都を去る時に詠んだ...サクラ

東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそは有名。


その梅が、京都の北野天満宮から

一晩にして道真の住む屋敷の庭へ飛んできたという「飛梅伝説」も有名ですスマイル

この風は、梅ごちと呼ぶそうですハート


同じカテゴリー(日本の四季)の記事画像
ご先祖様に思いを馳せる...五山の送り火
小さな秋の始まりです
朝顔の花が咲く
秋立つとはいえ
キラリと輝く光を探し、心に描いて、
風立ちぬ...立秋です。
同じカテゴリー(日本の四季)の記事
 ご先祖様に思いを馳せる...五山の送り火 (2018-08-15 09:10)
 小さな秋の始まりです (2018-08-13 09:09)
 朝顔の花が咲く (2018-08-10 09:07)
 秋立つとはいえ (2018-08-09 09:09)
 キラリと輝く光を探し、心に描いて、 (2018-08-08 09:06)
 風立ちぬ...立秋です。 (2018-08-07 09:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。