ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2017年10月09日

飛び鳥の行く先を想い描きながら、





「・・・雁などの連ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし・・・」(枕草子)

高校時代の古典に出てきましたねガーン


V字型の雁のシルエットが

秋空に浮かびゆく風景は、

なんとなく心にしみる風情を感じますねもみじ


渡り鳥のの飛ゆく行く先を想いながら...

晩秋の空をぼんやりと眺めていますスマイル



10月8日〜10月12日

二十四節気の寒露の初候で..

七十二候 では、四十九候目の鴻雁来(こうがんきたる)です拍手


鴻雁来(こうがんきたる)。

北帰行していた雁が、

日本で越冬するために戻ってくる頃。








同じカテゴリー(日本の四季)の記事画像
人生における「学習・学び」には、常に「変化」が伴います。
冥王星でも氷がいりそう!!
蓮始開と書いて、はすはじめてひらく 
「そうめん」にも意味があったのです。
暑中お見舞いはいつ出すか???
温風至...あつかぜいたる
同じカテゴリー(日本の四季)の記事
 人生における「学習・学び」には、常に「変化」が伴います。 (2018-07-18 09:05)
 冥王星でも氷がいりそう!! (2018-07-14 09:07)
 蓮始開と書いて、はすはじめてひらく  (2018-07-12 09:06)
 「そうめん」にも意味があったのです。 (2018-07-10 09:07)
 暑中お見舞いはいつ出すか??? (2018-07-09 09:07)
 温風至...あつかぜいたる (2018-07-08 09:06)

この記事へのコメント
縱觀寫出飛禽跡

縦ほしいままに観みて写うつし出だす飛禽ひきんの跡あと

『碧巌録』第六則
Posted by ロータスAM at 2017年10月09日 09:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。