ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2017年06月13日

蛍 わびさび 





蛍の時期を迎えましたね星

古来より侘び寂びのたとえの一つとして、

蛍を取り上げた書き物などがありますクローバー


「夏は夜。月のころはさらなり。

やみもなほ、蛍の多く飛びちがひたる。

また、ただ一つ二つなど、

ほのかにうち光りて行くもをかし。

雨など降るもをかし。」

これは枕草子『春はあけぼの』に登場する有名な一節です。


夏は夜が趣深い。月が出ている夜はもちろんのこと、

闇夜もまた、蛍が多く飛び交っている様子も良い。

また、それらがただ一つ二つと、ほのかに光って飛んでいるのも良い。

夜に雨が降るのも趣があって良いと綴っています。


蛍が放つ淡い光は「蛍火」と呼ばれ、

夏の季語にもなっていますスマイル






同じカテゴリー(日本の四季)の記事画像
夫婦岩の間から 日が昇ります。
さわやかは秋 清々しいは初夏
梅はその日の難のがれ
蛍の候です...
暦の上では、今日が『入梅』....
彼らには危険な作戦です
同じカテゴリー(日本の四季)の記事
 夫婦岩の間から 日が昇ります。 (2018-06-20 09:06)
 さわやかは秋 清々しいは初夏 (2018-06-17 09:09)
 梅はその日の難のがれ (2018-06-16 09:07)
 蛍の候です... (2018-06-12 09:08)
 暦の上では、今日が『入梅』.... (2018-06-11 09:09)
 彼らには危険な作戦です (2018-06-07 09:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。