ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2017年06月04日

水無月


上賀茂神社の六月(水無月)の祭典紹介より…


日本では、旧暦から六月を水無月(みなづき)と呼んでいます日の出

水無月」の由来には諸説あります日の出


今は梅雨、本来なら...水があるのに水無月とは…?

(今日現在は、水の無い雨の降らない水無月ですが....)


この時期、田植が終わって田んぼに水を張る必要のある月だから

「水張月(みづはりづき)」「水月(みなづき)」であるとする説も有力ですし雨

水無月の「無」は「の」という意味の連体助詞「な」であり

水の月」であるとする説もあります雨

(神無月の解釈もこの説をとなえる方も…)


梅雨時の新暦6月の古語として使われるようになってからは、

「梅雨で天の水がなくなる月」

「田植で水が必要になる月」といった解釈も行われるようになっていますスマイル






同じカテゴリー(日本の四季)の記事画像
七十二候では、菖蒲華…あやめはなさく。
風薫るさわやかは秋 清々しいは初夏
夏に草が枯れる!! これはエライコッチャ。
夏至ですね〜
蛍 わびさび 
七十二候では...蛍です。
同じカテゴリー(日本の四季)の記事
 七十二候では、菖蒲華…あやめはなさく。 (2017-06-26 10:02)
 風薫るさわやかは秋 清々しいは初夏 (2017-06-24 10:04)
 夏に草が枯れる!! これはエライコッチャ。 (2017-06-22 09:54)
 夏至ですね〜 (2017-06-21 10:02)
 蛍 わびさび  (2017-06-13 10:06)
 七十二候では...蛍です。 (2017-06-12 09:27)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。