ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2017年03月10日

桃始笑…ももはじめてさく。




10日から七十二候では……桃始笑(ももはじめてさく)ですサクラ

「笑う」を咲くと読むのが何とも日本的で良いですねサクラ


桃始笑は、それ自体としては「桃の花が咲き始める」などといった意味サクラ

桃の花は、春に五弁の花を咲かせ、

夏には甘い果実を実らせますサクラ

「桃の花」は春の季語サクラ

「桃の実」は秋の季語もみじ


卑弥呼の墓として注目を浴びている…箸墓古墳、纒向遺跡でも

桃の実がたくさん出土していますクローバー

昔から祈祷などの宗教用のお供えとしても使われていたようです

桃には邪気を祓う力があると考えられたからです。




同じカテゴリー(日本の四季)の記事画像
過ぎゆく春を惜しむ頃
日本国は、豊葦原瑞穂の国(とよあしはらみずほのくに)
「あし」の季節になりました。
百穀を潤す...穀雨の候...
卯月....
天空へと導く「しあわせの架け橋」
同じカテゴリー(日本の四季)の記事
 過ぎゆく春を惜しむ頃 (2018-04-23 09:09)
 日本国は、豊葦原瑞穂の国(とよあしはらみずほのくに) (2018-04-22 09:11)
 「あし」の季節になりました。 (2018-04-21 09:11)
 百穀を潤す...穀雨の候... (2018-04-20 09:14)
 卯月.... (2018-04-19 09:10)
 天空へと導く「しあわせの架け橋」 (2018-04-15 09:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。