ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2017年03月08日

早春の季語...残したい言葉




下萌 (したもえ)

早春の頃、枯れ草や残雪の中から双葉

草がわずかに顔を出し始めることを「下萌」といいます双葉



薄氷 (うすらい)

冬から春になる頃には急な天気の変動があります雷

だいぶ暖かくなって、よもや氷など張らない思っていたら...雪

思いがけなく薄氷を見ることがありますよね雪

「寒の戻り」「余寒」などと同様、

初春の微妙な天気の変化を表す季語ですww雪







同じカテゴリー(日本の四季)の記事画像
ご先祖様に思いを馳せる...五山の送り火
小さな秋の始まりです
朝顔の花が咲く
秋立つとはいえ
キラリと輝く光を探し、心に描いて、
風立ちぬ...立秋です。
同じカテゴリー(日本の四季)の記事
 ご先祖様に思いを馳せる...五山の送り火 (2018-08-15 09:10)
 小さな秋の始まりです (2018-08-13 09:09)
 朝顔の花が咲く (2018-08-10 09:07)
 秋立つとはいえ (2018-08-09 09:09)
 キラリと輝く光を探し、心に描いて、 (2018-08-08 09:06)
 風立ちぬ...立秋です。 (2018-08-07 09:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!
書き込み送信後に絵文字に変換されます。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。