ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2019年06月30日

一年の折り返し・・・夏越し





今日6月30日・・・一年の折り返し

節目の日ですね晴れ

夏越しの大祓の日でもありますスマイル


人生はしばしば出合わねばならぬ

関所を幾つも通り抜ける旅路である


とは安岡正篤師の言葉ですクローバー


関所を越えることで人は人生に

新しい世界を開いて行くのでしょうねスマイル


関所と夏越しは違いますが、

一年の折り返しの日ですクローバー

しっかり清めて乗り越えましょうスマイル

あとの半年も健康でありますようにスマイル

  

Posted by 侍ジョニー at 08:08Comments(0)日本の四季

2019年06月29日

茅の輪の秘密……




茅の輪くぐり....

この行事は神代の世界からの言い伝えです日の出


高天原から素戔嗚尊(スサノオ)が出雲国に降り立ったとき

泊まる宿がなく、裕福なコタン将来に宿を求めました

しかし、宿泊を拒まれてしまいました叫び

そこで、コタンの兄弟の蘇民将来にお願いすると

こころよく泊めてくれたそうですスマイル


スサノオは、高天原に戻るときに

蘇民将来一族に次に戻ってくるまでに

茅の輪を体につけておくように指示して高天原に戻っていきました日の出


次に戻ってきたときに

体に茅の輪をつけた蘇民将来一族は助け

持っていないコタン将来一族

疫病にかかったり、殺されたり...

北の方に追いやられてしまったそうですキョロキョロ


これは、日本の始まりの一部でもあります日の出

私の私見ですが...コタン将来のコタンというのは?

部族名であったり、村の名前だったりするのであれば?

アイヌ集落がコタンと呼ばれているのが気になっていますキョロキョロ
  

Posted by 侍ジョニー at 08:09Comments(0)日本の四季

2019年06月28日

夏越しの大祓




半年が過ぎましたねスマイル

一度、今年の罪汚れを落とす意味でも

夏越しの大祓に参加されませんか?


体調を崩しやすい暑い夏を前に、半年間のけがれを落とし、悪疫を除去し、

無病息災を願って茅の輪(ちのわ)をくぐる神事です国旗:日本


茅輪(ちのわ)はその名の通り茅で作られた輪で、

魔よけに効能があるとされる茅を人がくぐれるほどの大きさに作られます。


茅輪は災厄を取り除く力があるとされており、

水無月の夏越しの祓いするひとは、千歳の命延ぶと云うなり」と唱えながら、

左回り、右回り、左回りと三度茅輪を潜れば御利益があるといわれていますハート
  

Posted by 侍ジョニー at 08:07Comments(0)日本の四季

2019年06月27日

海の妖精 イカ大王か!!!





海の妖精は「クリオネ天使


まさか.....海の妖精が陸に上がってちっ、ちっ、ちっ


木になって我々を見守っているのか?


橿原神宮に植わっているので、いろいろ連想してしまうキョロキョロ


ただの木では なさそうやハート


イカ大王かも?
  

Posted by 侍ジョニー at 08:08Comments(0)ジョニーのつぶやき

2019年06月26日

ミステリー、三角形の意味するもの。




水無月の形が三角形なわけチョキ


旧暦の6月1日は「氷の節句」または「氷の朔日」といわれ、

室町時代には幕府や宮中で年中行事とされていました日の出

今年の旧暦の6月1日は、7月3日です星


この日になると、御所では「氷室(ひむろ)」の氷を取り寄せ、氷を口にして暑気を払いました雪

「氷室」とは冬の氷を夏まで保存しておく所のことで雪

地下など涼しいところを利用して作られた、冷蔵庫のような場所です雪


水無月の三角形は氷室の氷を表したもので、

上の小豆の赤色が

魔除けの意味を表しています
日の出
  

Posted by 侍ジョニー at 08:07Comments(0)ジョニーのつぶやき