ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2018年03月12日

お水取り・・・春を告げる




12日夜、奈良に春を告げる東大寺二月堂の「お水取り」が行われ、

篭松明(かごたいまつ)が古都の夜空を焦がしました花火



お水取り」は、東大寺の僧が自らの罪を懺悔(ざんげ)して

国家の平和を祈る伝統行事で、

奈良時代から約1260年にわたって一度も途絶えることなく続けられてます日の出


僧が二月堂へ上がる時の明かりとしてともされる篭松明は、

長さ8メートル、重さ約80キロもありますクローバー


12日午後7時半に舞台の欄干から突き出されると、

火の粉が風に舞い上がります花火



お水取りが終わると春が来るといわれていますオドロキ


現在は新暦の3月1日から14日まで行われていますがクローバー

かつては、旧暦2月1日から15日まで行われてきました花火


と、言うことは.....旧暦の2月15日は

3月31日になります日の出

その頃には暖かくなってますよね日の出


  

Posted by 侍ジョニー at 09:09Comments(0)日本の四季