ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2018年03月09日

盲導犬が足りません。






盲導犬イヌ


盲導犬は、目の不自由な人の歩行を助ける大切なパートナーです。


目の不自由な方が道路を歩くときは、


白いつえか、盲導犬育成施設が訓練した盲導犬イヌを連れていることが、


法律で認められています。


盲導犬には、白または黄色のハーネス(盲導犬用のどう輪)を


つけることになっています。



盲導犬ユーザー(使用者)は、このハーネスをにぎって盲導犬とともに街を歩き、


盲導犬はユーザーの指示を受けながら目的地まで安全に誘導していきます。


盲導犬は、目の不自由な方の自立した生活の大きな支えとなっているのです。



まだまだ、盲導犬が足りません
!


弊社も出来るだけ協力していきますスマイル





  

Posted by 侍ジョニー at 09:09Comments(0)ジョニーのつぶやき