ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2018年02月28日

寒菖蒲(カンアヤメ)




春の訪れ

今年も我が家で寒菖蒲が咲きだしました.......本当は数日前から

寒菖蒲(カンアヤメ)は惜しい事に1~2日で花は終わるのですが

「えっ!」 というほど素早く花茎が伸びて、

次から次へと花が咲いていきます花まる


寒(かん)に咲くので寒アヤメなのでしょうか?

日本の野生のアヤメなのか、また、外国の園芸種なのか知りませんキョロキョロ

葉に埋もれたように綺麗な色の花が出てきます。

夏に見られるアヤメより小柄で、高さは20~30cmになりますスマイル

  

Posted by 侍ジョニー at 09:09Comments(0)ジョニーのつぶやき

2018年02月27日

神々しい




もう、2月も終わりですね~~~スマイル

今年もはや2ヶ月もたったんやね~~~キョロキョロ

3月になれば、お彼岸の月星....頑張ります力こぶ


話は変わりますが....


流石!

和歌山!


神武東征やら日の出

天孫降臨を思い出させる日の出


神々しさピカピカ


紀三井寺の境内から撮影しましたカメラ




  

Posted by 侍ジョニー at 09:09Comments(0)ジョニー感動する

2018年02月26日

おぼろ月夜と黄砂の関係




春になると 朧月夜(おぼろづきよ)という言葉を

耳にすることも多い気がしませんか?

何かしらで聞いたことがある人が多いと思いますが、

その意味はご存じですか?


朧月夜(おぼろづきよ)は大陸からの黄砂が関係していますオドロキ

黄砂は古くから東アジア各地で知られる気象現象です溜め息

中国や韓国の紀元前の歴史書、日本の江戸時代の文献などにも関連する記述がありますオドロキ

春の風物詩の“春がすみ”や“おぼろ月”も黄砂による現象という説が

英語では「アジアン・ダスト」(Asian dust)と呼ばれる黄砂は、1年のうちでもこれから3~5月がピーク炎

近年の研究では、花粉症などのアレルギーなどの疾患との関連が指摘され、

黄砂に大気汚染物質や病原微生物も付着していることが明らかになるなど、

もはや“風流”を通り越して、事態は深刻です注意炎


  

Posted by 侍ジョニー at 09:09Comments(0)かなんがなぁ~

2018年02月25日

先を見て動く





野菜焼きたまねぎ

お肉の前に出てきますレストラン

料理も最近は色々工夫された物が多いですねカクテル



我の仕事も.....ピカピカ

工夫次第でどうにかなると言うことかサクラ

机上で考えるより自ら動く方が良いのかもサクラ

今こうして仕事があることに感謝しながらスマイル

明日に向かって進みますハート



先を見て 生きるのが

今とちゃう

先を見て 動くのが

今やねん





  

Posted by 侍ジョニー at 09:09Comments(0)ジョニーのつぶやき

2018年02月24日

霞初めてたなびく


(黄砂が春霞か~~~)

今日から...雨水(うすい)/次候で、霞始めてたなびく晴れ


外出すると、マスクなどで花粉の対策をしている人をたくさん見かけますねキョロキョロ

2月頃から5月にかけては、黄砂が多く発生する季節です入道雲

環境問題や健康被害などで取り上げられることの多い黄砂ですが、

古い歌や句などでは黄砂によってできる霞(かすみ)も

春霞」と呼ばれ、情緒的に表現されていました入道雲

黄砂が、春霞か~~~~キョロキョロ


前に書きましたが、秋の霧と春の霞(かすみ) は、

遠方がはっきりと見えない現象を言うそうです入道雲

霞(かすみ)は気象用語ではありません。

霧と、靄(もや)との違いは、視界が1km以上の場合が靄(もや)、

1km未満のときに霧になるそうです入道雲



  

Posted by 侍ジョニー at 09:09Comments(0)