ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2017年12月02日

「永遠」の繁栄をもたらすもの


橘の実(写真:Wiki)


橘は、日本に古くから野生していた柑橘類の唯一の固有種ですみかん


常緑の葉が、冬を越す霊力を持つ縁起の良い「常葉」の木とされ、

「不老長寿の象徴」であり、「永遠」の繁栄をもたらすものとして、

別名「常世草(とこよぐさ)」とも呼ばれていたそうですみかん


そして、家紋、勲章のデザインに採用されている橘の花・実・葉みかん

また京都御所にある橘の木は、花も葉も散る桜の「左近桜」に対して、

常緑樹でいつも変わらぬ永遠を表すものとしての

橘の「右近橘」と「対」で植えられていますみかん


「橘」に、永遠の愛と感謝と祈りをこめてハート


12月2日〜6日

二十四節気では小雪

七十二候では六十候・橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

橘の実が黄色く熟しはじめる頃みかん



  

Posted by 侍ジョニー at 09:10Comments(0)日本の四季