ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2020年02月27日

梅のシーズン・・・「春を忘るな」か「春な忘れそ」か???





今朝、読売テレビのニュースで

北野天満宮の梅林が取り上げられていたのを見てて...

ふと感じたのは...


東風吹かば にほひおこせよ梅の花 あるじなしとて.....

これは菅原道真公の有名な短歌の途中まで...オドロキ


この続きは「春を忘るな」か「春な忘れそ」か?

どっちなんやろ?

私はずっと「春な忘れそ」が本当で,

「春を忘るな」は間違いだと思っていました赤面


ところが,すこし調べてみると,どうやら「春を忘るな」のほうが

道真公のオリジナルのようです....キョロキョロ

「春な忘れそ」は後世に改変されたものらしい....キョロキョロ


まったく,私のような素人というのは当てにならない.

それでも,「春な忘れそ」のほうが,

つらい感情を表しているようで,

流されてゆく道真公の歌にはふさわしい...

という感じもしないではない...キョロキョロ
  

Posted by 侍ジョニー at 08:08Comments(0)日本の風習

2020年02月17日

飛梅伝説に隠れてしまった飛松伝説が...板宿にあった。




梅のシーズンですハート

菅原道真公由来の北野天満宮クローバー

その北野天満宮の飛梅伝説をご存じの方もあろうかと思いますが...


残念な松の話はあまり知られておりませんねキョロキョロ

伝説では....

道真を慕う庭の木の中で、

桜は、主人が太宰府へ流されたことを知ってから、

見る見るうちに葉を落とし、ついには枯れてしまったとされていますサクラ

梅と松は京都から飛び立ちましたロケット


ところが残念なことに松は途中で力尽きて、

摂津国八部郡板宿(神戸市須磨区板宿町)近くの後世「飛松岡」に根を下ろした(これを飛松伝説)クローバー







一方、梅だけは

見事その日 一夜のうちに 主人の暮らす大宰府まで飛んで行きロケット

その地に降り立ったとされています(飛梅伝説)お花
  

Posted by 侍ジョニー at 08:06Comments(0)日本の風習

2020年02月11日

建国をお祝いしましょう。




2月11日は、建国記念の日。。。紀元節日の出


紀元節は、神武天皇が即位した日を日本の建国された日として祝う日として

明治時代に制定されました日の出

この紀元節は、第二次世界大戦後に祝日ではなくなりました。


しかしその後、紀元節を復活させようという動きが高まり、

反対する動きもあったようですが、

建国を記念するための祝日を設けることとなりました。


その際「紀元節」から「建国記念の日」に改正されました。

そして、1966年に国民の祝日に認められ、翌年から適用されました。


「建国記念日」が「建国記念日」ではないのは、

史実に基づく建国の日とは関係なく、

建国されたという事実そのものを記念する日だから..............らしい!?

難しく考えすぎでは……単純に建国をお祝いしましょう国旗:日本   

Posted by 侍ジョニー at 08:06Comments(0)日本の風習

2020年02月08日

日常に感謝を…!





伝えたい日本の心…⑤


2月8日 針供養 (地域によっては12月8日)


針仕事を一日休み、


古針を供養する行事。


折れたり、錆びたりした針を


豆腐やこんにゃくなどに刺して近くの社寺に納め、


供養をしてもらうのが一般的です。


豆腐やこんにゃくに刺すのは、


硬い布を縫う針に対するいたわりと、


よく針が通るようにとの願いが込められています。



地方や神社等によっては 12月8日に行われることもあります。




針だけでなく


日常に使っているさまざまな道具


いたわりと愛情を持ちましょうハート


  

Posted by 侍ジョニー at 08:06Comments(0)日本の風習

2020年01月19日

今年も豊年満作に...




お稲荷様のお詣りのお供え日の出


海の物・山の物・野の物をクローバー


神前にお供えするのですが、クローバー


鯛を手際よく麻の紐で巻いて行かれますクローバー


いつ見ても感心します拍手



最近はこの神事で使う麻紐も


少なくなってきたとか・・・・・オドロキ











綺麗に形を整えて


神前にお供え致しましたgood








今年も大難なく過ごしたいですハート


  

Posted by 侍ジョニー at 08:04Comments(0)日本の風習