ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2019年04月19日

たんぽぽの綿帽子・・・小さい春




会社の庭で撮影しましたカメラ



ほんと、たんぽぽの綿帽子は可愛いし存在感がありますね双葉

受粉と同時に背が伸びて、

綿帽子の種が風に飛ばされやすくなるそうですよオドロキ


自然の営みは本当にすごいですね〜拍手

のっぱらに咲くたんぽぽでも侮ってはいけませんねスマイル

小学生のころに学校自然の営みを無視して

タンポポを無理やりに・・ちぎり取って

息を吹きかけて、飛ばしたことがある方もいますよねロケット


ところで・・・日本のタンポポと西洋タンポポの違いをご存じですか!?

今では、同じとこに生えているので見分けが難しいですよねメロメロ


日本のタンポポ


西洋タンポポ  

Posted by 侍ジョニー at 08:11Comments(0)日本の四季

2019年04月18日

若緑・・・春の季語




松の芯に新しい緑の葉が出てきたところが生き生きとしているので、

若緑」 という「春の季語」になっています双葉


若緑」って松だけを指すんですね

春には沢山の木々の芽吹きの新緑があるのに、

なぜ松をその代表としたのでしょうか?

松の新芽が勢いよく真っ直ぐ立っていることに、

木の勢いを感じたのでしょうかねぇ~~クローバー

      
「若緑」は、「松の芯」・「松の緑」・「初緑」・「緑立つ」 などとも言いますよスマイル   

Posted by 侍ジョニー at 08:04Comments(0)日本の四季

2019年04月17日

春の風が吹いていたら











弊社の構内にも・・・・・花まる


至る所に 小さな花が・・・・・・・・花まる















高校時代の春の風が吹いていたら 


思い出しました万歳















吉田拓郎の歌ですマイク



春の風が吹いていたら




you tubeよりアップしました赤面

懐かしい方は、聞いてくださいヘッドホン



音符音符音符






  

Posted by 侍ジョニー at 08:08Comments(0)日本の四季

2019年04月15日

天空へと導く「しあわせの架け橋」




神話の虹について調べてみると。。。


日本神話では、イザナギとイザナミが

虹を渡って下界に来たとされ日の出

ギリシャ神話では、イリスという伝令の女神日の出

北欧神話では、天上の視界に通じる橋ピカピカ


古代中国では、蛇または龍とされりゅう

巨大な蛇である「虹蛇」の神話・伝説が残されているそうです日の出


「虹」の文字は、「虫(へび)」に「工(つらぬく)」で、

空にかかる龍(大蛇)に見立てた文字とされていますりゅう


虹は、天と地をつなぐ龍の象徴といえるのでしょうかりゅう


加古川に現れる「虹」は、

加古川の龍が、天空へと導く「しあわせの架け橋」としの

シンボルなのかもしれませんね ピカピカ


【4月15日〜19日】

二十四節気では、清明・末候

七十二候では、十五候・虹始見(にじはじめてあらわる)

春の暖かさが増して急な雨が多くなり、美しい虹が見え始める頃です。
  

Posted by 侍ジョニー at 08:09Comments(0)日本の四季

2019年04月13日

小さい春を探しに・・・

メロメロ


散歩するだけで・・・・・・スマイル

を感じられますよね

花の名前は、分かりませんが・・・・・晴れ

何となく気分が良いメロメロ

皆さんもそう思われませんかワーイ



しかしながら・・・・・・春眠暁をおぼえずzzz

ねむたい~~~~~~zzz

もう少し・・・散歩してアップします赤面  

Posted by 侍ジョニー at 08:09Comments(0)日本の四季