ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2019年01月18日

関わりのあった人や出来事に感謝しましょう。




人は一人で大きくなったのではなく、

会社もまた一人で大きくなったのではないクローバー


あわただしい日々の中にも、

たまには過去を振り返って、


関わりのあった人や出来事に感謝しましょうクローバー

その心こそが明日の力になるのでしょうクローバー


弘法大師空海もおっしゃています。

[恩を忘るれば善根断絶す]

恩を忘れると、

将来に善きことをもたらす根が

枯れてしまうという言葉ですクローバー

心したいこ言葉ですねスマイル
  

Posted by 侍ジョニー at 07:05Comments(0)ジョニーのつぶやき

2019年01月17日

黙祷...




1995年1月17日。

阪神淡路大震災で

犠牲になられた多くの方々に

衷心よりご冥福をお祈りします。


そして、被災された皆様の

本当の意味での復興を、

これからも願い続けてまいります。


あのときの記憶を、忘れずにクローバー

  

Posted by 侍ジョニー at 09:05Comments(0)

2019年01月16日

そろそろ国鳥の雉が...




昨日の15日から日本の季節、七十二候の中の...(雉始雊)でした。

....きじはじめてなくと読みます。

雄の雉(きじ)が鳴き始める時節となりましたスマイル


雄(オス)が、雌(メス)を呼んで「ケーン、ケーン」と鋭く鳴き、

甲高い呼び声が寒天に響きますロケット



しかし、街にいる我々には、

まずそんな雉の鳴き声を耳にすることはありませんよね~~タラーッ

というより、鳴いていても、

それが雉の鳴き声だと判別がつきませんねキョロキョロ



野鳥の鳴き声も季節を感じさせる一つですスマイル

これから春に掛けて鳴き声に耳を澄ましましょうスマイル

  

Posted by 侍ジョニー at 09:03Comments(0)日本の四季

2019年01月15日

大田忠道作 小豆がゆ


料理の鉄人 大田忠道様に作って頂きましたスマイル


1月15日は小正月です日の出

元旦正月に対して、1月15日を「小正月」といいます晴れ

関西地方ではこの日までが松の内国旗:日本

この日の朝に「小豆粥」を食べると、

1年の邪気をはらい、万病を防ぐと伝えられています救急箱

また、地方によっては「女正月」とも呼ばれ、

暮れから正月にかけて忙しく立ち働いた女性たちの骨休めの日となっています拍手


奥様孝行をされてみては.....ハート


  

Posted by 侍ジョニー at 08:07Comments(0)ジョニーのおすすめ

2019年01月14日

明日の小正月の準備




明日は、小正月です日の出

明日(1月15日)の小正月・・・関西の風習、『小豆がゆ』ごはん 

小豆がゆには、邪気をはらい無病息災を祈る意味があります。

小豆がゆのレシピを書きますごはん


ネットから拝借致しました。。。↓

小豆粥のレシピ

材料(4人分

作り方

1. 鍋に小豆1/2カップと1カップの水を入れて火にかけ、

  沸騰したら弱火で5分煮てざるにあげ、水に落とす。

もう一度、鍋に戻し、

  残り1カップの水を入れて軟らかくなるまで煮る。

2. 米1カップをといで鍋に入れ、7カップの水に1時間つける。

3. 2を火にかけ、沸騰してきたら弱火にして30~40分炊く。

4. 3が炊き上がったら、1と塩を少々加えて軽く蒸らす。

   完成ですごはん  

Posted by 侍ジョニー at 07:07Comments(0)日本の四季