ごくらくやラジオCM [ 40秒 ]

※表示されない場合はブラウザやプレイヤーの設定をご確認ください。



2018年08月15日

ご先祖様に思いを馳せる...五山の送り火





大文字焼き炎


京都五山の送り火炎


お盆の行事...クローバー


送り火であるのを...ご存知ですか?




8月16日、京都の夏の夜にぼんやりと浮かび上がるの文字…スマイル


大文字焼き」という名前で全国に広く知られているお祭りです日の出


一般的には「大文字焼き」で知られているこの祭りの正式名称は「五山の送り火ピカピカ


毎年70万人程の来場者がこぞってこの雄大に燃える火を見つめますピカピカ

  

Posted by 侍ジョニー at 09:10Comments(0)日本の四季

2018年08月14日

人生に蔦が絡まる




音符ツタのぉ~絡ま~るチャペ~ルでぇ~ 

祈りぃ~を捧ぁ~げた日ぃ音符


あの、チャペルに絡まるは、

二重三重に重なって茂ることはないのでしょうか・・・・・・?

蔦は緑のカーテンとか言われて温暖化には役立っていると思いますが・・・

里山でツタ(蔦)•つる植物が

巻き付いてる竹や木が生えてる場所は、

何となく鬱蒼としてる気配を感じますねガーン

仕事先で・・・撮影しました。


甲子園球場のツタ(蔦)は有名ですが、

竹に絡まってるツタ(蔦)と見ているとと・・・・

安易に蔦で「緑のカーテン」を作るととんでもない事になるのでは?

里山で聞いた話、「家に蔦が絡まると」廃屋にするしかないらしいですよオドロキ
  

Posted by 侍ジョニー at 09:13Comments(0)ジョニーのつぶやき

2018年08月13日

小さな秋の始まりです




夏の夕暮れ時、「カナカナカナカナ・・」と

哀愁を誘うように聞こえてくるヒグラシの声。。。

蝉の鳴き声は色んなメロディを奏でます音符ヘッドホン


うるさかったり、楽しかったり、寂しかったり

夏の間に聞こえてきた、

蝉の声を思い出しながら

「小さな秋」のはじまりです


8月13日〜17日

七十二候の三十八候で寒蝉鳴(ひぐらしなく)

ひぐらし(寒蝉)がなき始める頃ですスマイル

寒い蝉ヒグラシと日本では訳していますが、

中国ではツクツクボウシを指すそうですクローバー
  

Posted by 侍ジョニー at 09:09Comments(0)日本の四季

2018年08月12日

鮮魚とは......




鮮魚とは、所謂...「」の魚のうちでも新鮮である状態であり、


日本料理の範疇では、


魚の鮮度は重視されているスマイル


それ以外の魚料理でも鮮度のよい魚ほど好まれる傾向が強いクローバー


鮮魚店(いわゆる魚屋)では、


鮮度のよい食材としての魚を販売しているスマイル


  

Posted by 侍ジョニー at 09:08Comments(0)おもろ~

2018年08月11日

中年のひまわり




向日葵(ひまわり)は晴れ

顔を太陽に向けている花という意味なんですが晴れ


この花が太陽を追って動くのは.....

成長が盛んな若い時期だけなんですオドロキ


若い向日葵は、朝には東を向いていたのが夕方には西を向きます晴れ

しかし、成長を遂げたシニアの向日葵は、

やがてこの行動を止めてしまうそうです晴れ


がんばれ~~~!中年のひまわり晴れ